【日本進出】UIデザインツールFigmaの日本法人「Figma Japan」が設立!日本語対応も近い?

「Figma」が日本に本格進出するってほんと?
これからは日本語対応が進むの?

今回はこんな疑問を解決します。


ブラウザ上で共同編集できるUIデザインツールとして注目されている「Figma」。

Figmaは、他のデザインツール(AdobeXDやSketch)と比べて日本語に弱いと言われています。

そんな中、2022年3月に「Figma Japan」の設立が報道されました。

「Figma Japan」の設立により、Figmaの日本語版が正式にリリースされることも確定したようです。

  • Figmaの日本法人「Figma Japan」が設立!
  • 日本語版Figmaのリリースが正式に決定!
  • 有名企業からもたくさんのコメントが!

Yamahara Shinya
  • グラフィックデザイナー歴3年 / WEBデザイナー歴2年
  • WEB系フリーランスとして月収50万円超(WEBサイト、ロゴ・名刺、メディア運営、広告運用、その他)
  • スタートアップ企業 CCO(2022年3月~)
  • 趣味は「筋トレ」「旅行」「一人暮らし」「ガジェット」など

Twitter   Instagram

Figmaの日本法人「Figma Japan」が設立!

2022年3月16日、UIデザインツールFigmaの日本法人「Figma Japan」の設立がPR TIMESの記事で発表されました。

Figma Japan設立の背景

Figmaの日本進出には、以下の背景が隠れています。

  • 2019年末にFigmaのチームが日本まで市場調査に訪れた
  • 直近1年間のユーザー登録者数が約2倍になった
  • デザイン思考を持った日系大手企業の存在

特に、楽天、Yahoo! JAPAN、リクルートのようなリーダー企業がFigmaを本格的に導入したことが大きく影響しているようですね。

2022年にFigmaの日本語版がリリースされる(予定)

2022年現在、Figmaには2つのツールがあります。

  • UIデザインツール「Figma」
  • オンラインホワイトボードツール「Figjam」

特にオンラインホワイトボードツールの「Figjam」は、在宅ワークに熱心な大手企業にとって喉から手が出るほど欲しい存在です。

そんなツールが日本語対応していないとなると、企業側も導入しづらいですよね。(おじさまが多い会社には特に辛い・・・笑)

ということで、2022年中にFigmaの日本語版リリースが正式に確定したようです。

Figma Japanに関する有名企業からのコメント

Figma Japanの設立にあたり、様々な有名企業からもコメントが寄せられています。

詳細なコメントは、ぜひ以下の記事をご覧くださいね。

⇒PR TIMES『世界でデザインコラボレーションツールをリードする「Figma」が日本へ本格進出』

まとめ

今回は、Figmaの日本進出についてご紹介しました。

日本国内でFigmaの普及がさらに加速することが予想されるので、ぜひ今のうちに使い方をマスターしておきましょう。