「リスク」=「危険」ではありません!投資における「リスク」とは?

 

投資にはリスクがあると聞きました!
「リスク」ってことは「危険」なんですよね?

イエスマン
イエスマン

リスクは「危険、怖い」という意味ではありません!
「リスク」=「可能性」です。つまり「リスクをとる」とは「起こりうる可能性を広げる」ということです。

投資における「リスク」と「リターン」の関係性

投資における「リスク」とは?

投資における「リスク」とは、「価格の変動幅」のことを言います。

つまり「ハイリスク」とは「価格の変動幅が大きい」ということです。 プラスのリターンが大きくなる可能性もあれば、マイナスのリターンが大きくなる可能性もあります。

投資において「リスクを取る」とは?

投資において「リスクを取る」とは、利益が得られる可能性を広げると同時に、損失を被る可能性も認めるということです。つまり、危険性を認めつつ「可能性」を広げるということです。

投資における「リターン」とは?

「リターン」とは、投資によって得られる「結果」のことです。プラスでもマイナスでもリターンには変わりありません。

ちなみに、将来の為替(お金の価値)がどうなるかは誰も見通せないので、「リターン」はコントロールできないと言われています。


投資における「リスク」と「リターン」の関係性

「リスク」が高くなると「リターン」の幅も広がる。逆に「リスク」が低くなると「リターン」の幅は小さくなります。
投資において「リスク」と「リターン」は表裏一体なので、ローリスク・ハイリターンというものは存在しません
美味しい話があったら、どこかに大きなリスクが隠れていると考えた方がいいでしょう。

金融商品の「4つのリスク」

金融商品には、主に4つのリスクがあります。「価格変動リスク」「信用リスク」「為替変動リスク」「金利変動リスク」です。
それぞれについて説明します。

価格変動リスク

金融商品は常に価格が変動しています。つまり、買うときと売るときで価格が変わる可能性(リスク)があるということです。それを活用して儲ける代表的な金融商品は株式やFXなどです。

 

信用リスク

債権を発行する国や株式を発行する会社が、財政悪化によって破たんする可能性があります。
極端ですが現金にも信用リスクがあり、お札は国が破たんしたら紙切れ同然になってしまいます。
また、国自体の信用リスクのことを「カントリーリスク」といいます。

為替変動リスク

外国との為替レートが変動する可能性です。
外貨建ての金融商品を取り扱う場合は、日本円に換算した時の価値が変動します。
一般的に「円高」⇒損失「円安」⇒利益につながります。

金利変動リスク

銀行などの金利が変動する可能性です。
一般的に景気がよければ金利は高く、悪ければ低くなります。

投資は目的を明確にして行いましょう

投資をする目的は「お金を増やすこと」です。さまざまなリスクがあることを理解したうえで、自分に合った金融商品を選ぶことが何より重要です。

元々使わないお金としてハイリスクな投資をするのか、元本割れを避けるためにローリスクな投資をするのか、目的を明確にしてから投資を行いましょう。

それでは、素敵な資産運用ライフを!