【SEOの基礎知識】ペンギンアップデートとは?

ブログを運営していくうえで必ずぶつかる壁、それがSEO(Search Engine Optimization)。

正しくSEO対策できていないサイトは、Google検索で上位表示されず、せっかく頑張って書いたブログ記事が全く読んでもらえないなんてことも、、、。

そんな事態を避けるためにも、SEOを学ぶときに至るところで目にする「ペンギンアップデート」について解説します。

よく混同されがちな「パンダアップデート」との違いも解説しているので、ぜひ最後まで読んで、Googleに正しく評価されるサイトを作っていきましょう!

1.ペンギンアップデートとは

ペンギンアップデートとは、2012年4月にスパム対策として実用化されたGoogleアルゴリズムのアップデートです。

Googleウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)の違反行為となるSEO対策を行っているWebサイトにペナルティを与え、そのサイトの検索順位を下げたり、検索結果に表示させなくするといった制裁を与えるという目的で実用化されました。

ペンギンアップデートは当時、Googleのアナウンスに合わせて定期的に行われていましたが、2016年9月23日のペンギンアップデート4.0以降は、コアアルゴリズムという日常的なアップデートに組み込まれるようになりました。

現在はGoogleからペンギンアップデートに関する公式アナウンスこそありませんが、コアアルゴリズムとして、Webサイトを日々監視しています。

ペンギンアップデートの名前の由来

ちなみに、ペンギンアップデートの名前の由来は、「白黒はっきりさせる」という表現が元になっています。

「サイトの良し悪しをはっきりさせる」という意味でペンギンやパンタが由来となり、すでに使われているパンダではなくペンギンが使われたそうです。

2.ペンギンアップデートの目的

ペンギンアップデートを正しく理解していただくためには、

「ブラックハットSEO」「ホワイトハットSEO」という2つのキーワードが重要です。

種類説明
ブラックハットSEO検索アルゴリズムの穴をついたグレーな方法で、質の低いコンテンツの検索順位を上げるSEOテクニック。・大量の被リンクをつける
・コピーコンテンツの大量生成
・隠しテキストや隠しリンク
・文章中にキーワードを不自然に詰め込む
ホワイトハットSEOユーザーと検索エンジンの両方にとって良い効果を生み出すためのSEOテクニック。・良質なコンテンツの作成
・表示スピードの高速化
・Webサイトの見た目を整える

ペンギンアップデートの目的は、ブラックハットSEOを行っているサイトの評価を下げ、ホワイトハットSEOを行っているサイトの評価を上げること。

”Content is King(コンテンツが王様だ)”というビル・ゲイツの発言は有名ですが、良質なコンテンツを生み出すことが最重要視されるようになったのも、このペンギンアップデートが関係していると言えるでしょう。

続いて、ペンギンアップデートが実用化されるに至った背景を確認していきましょう。

3.ペンギンアップデートの背景

ペンギンアップデートが実用化された当時、検索エンジンでは、お世辞にも有益なコンテンツとはいえないサイトが検索結果の上位を占めていました。そのサイトの大半がブラックハットSEOを行っているサイトでした。

検索上位に表示されるのは、アフィリエイトやお金稼ぎを目的とした役に立たないサイトばかり。

その状況を重く見たGoolgleが、ブラックハットSEOを行っているサイトが検索結果に上位表示されなくなるようなアルゴリズムを生み出したということです。

4.ペンギンアップデートの歴史と内容

ペンギンアップデートは、公式にアナウンスされただけでも過去4年以上、計7回にわたって実施されました。

  1. ペンギン・アップデート1.0(2012年4月24日)
  2. ペンギン・アップデート1.1(2012年5月25日)
  3. ペンギン・アップデート1.2(2012年10月5日)
  4. ペンギン・アップデート2.0(2013年5月22日)
  5. ペンギン・アップデート2.1(2013年10月4日)
  6. ペンギン・アップデート3.0(2014年10月17日)
  7. ペンギン・アップデート4.0(2016年9月23日)

そして最後にGoolgleから公式アナウンスされたのが、「ペンギン・アップデート4.0」になります。

ペンギン・アップデート4.0が最後の公式アップデート

2016年9月23日に実施された「ペンギン・アップデート4.0」では、

  • ペンギン・アップデートがコアアルゴリズムに組み込まれる
  • 今後はリアルタイム更新になる
  • 今後は公式からのアナウンス無し
  • サイト全体ではなく、ページごとにランキング調整
  • キーワードによって受ける影響が異なる
  • ページの評価が下がるのではなく、不正なリンクを無効化する
  • リンクの否認は有効(質の低いリンクを否認できる)

など、現在のコアアルゴリズムでの運用につながっていく内容が発表されました。

5.パンダアップデートとの違い

ペンギンアップデートについて理解するうえで、よく話題になるのが、パンダアップデートとの違いについて。

両者の違いを簡単にまとめると、次のようになります。

  • ペンギンアップデート:「低品質な被リンクとSEOスパム」を対象にしている
  • パンダアップデート:「低品質なコンテンツ」を対象にしている

いずれも、より品質の高いサイトを高く評価するために行われたアップデートには変わりないですが、制裁を与えるターゲットが異なるということを覚えておきましょう。

まとめ:ホワイトハットSEOを大切に

現在も水面下で更新されつづけるペンギンアップデートは、ホワイトハットSEOに集中することが大切です。

当時はびこっていたような悪質なSEOではなく、

  • 表示スピードの最適化
  • 良質なコンテンツ
  • サイト構造や内部リンクの最適化

上記のようなホワイトハットSEOに取り組むことで、ユーザーにとって有益なコンテンツを生み出しながら、Goolgleの検索アルゴリズムにも評価されるサイトを作っていきましょう!