【これを読めば分かる】”楽天ふるさと納税のやり方”を徹底解説します

ふるさと納税サイトとして圧倒的な人気を誇る「楽天ふるさと納税」。
ただ、楽天ふるさと納税を利用したことがないという方にとっては

「楽天ふるさと納税サイトをどうやって使えばいいか分からない」

「そもそもふるさと納税のやり方も分からない」

こんな疑問や悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、楽天ダイヤモンド会員として楽天を全力活用している筆者が
『楽天ふるさと納税』のやり方を徹底的に解説していきます。

‐楽天でふるさと納税に初めてチャレンジするので、やり方を知りたい

【はじめに】ふるさと納税とは

まずはじめに、ふるさと納税の制度について簡単にご説明します。
既にふるさと納税について知っているという方は、次の章までスキップしてくださいね。
ふるさと納税とは、自分が応援したい自治体に寄付ができる制度です。
人それぞれに寄付金の限度額が設定されており、手続きをすることで寄付金の2,000円を超える部分について税金の控除を受けられます。
ふるさと納税は実質の自己負担2,000円で魅力的な返礼品をもらえる制度

楽天でふるさと納税をするための7つのステップ

続いて、楽天ふるさと納税をする手順を7つのステップでご説明します。

ステップ①自分が寄付できる上限額を調べる

先に述べた通り、ふるさと納税で控除できる税金の上限額は、年収や家族構成などによって人それぞれです。
楽天市場のホームページにも2種類のシミュレーターが用意されているので、ご自身の上限額を計算してみてください。

ステップ②楽天会員登録をする

楽天会員登録を行わなくても楽天ふるさと納税は可能ですが、一番のメリットである楽天ポイントを貰えなくなってしまいます。
よりお得に利用したい方は楽天会員登録するのがオススメです。

会員登録は3つの手順で行いましょう。

  1. 必要情報を入力する
  2. 入力内容を確認する
  3. 登録完了!

【手順①】必要情報を入力する

まずは会員登録ページにアクセスし、必要な情報を入力しましょう。
「本人連絡先」と「クレジットカード情報」は必須ではありませんが、今後も楽天市場を利用される予定であればここで登録しておきましょう。

・メールアドレス/ユーザID/パスワード
※ユーザIDは「メールアドレスをユーザIDとして使用」が分かりやすいのでオススメです!
・氏名(フリガナ)/誕生日/性別
出典:楽天市場

【手順②】入力内容を確認する

入力した内容が正しいか確認します。パスワードはセキュリティ保護のため、非表示です。
メールマガジンやアンケートメールを希望しない場合はチェックを外しておきましょう。
問題なければ、ページ下部の登録するボタンをクリックします。

出典:楽天市場

【手順③】登録完了!

以下の画面が表示されれば楽天会員登録完了です。
楽天市場トップページにアクセスし、ログインできていることを確認しましょう。

ステップ③楽天ふるさと納税でお礼の品(返礼品)を探す

いよいよ返礼品を選ぶステップですが、返礼品を探すときの注意点は1つだけ。
ステップ①で調べた「自分で寄付できる上限額を超えないようにする」ことです。
上限額を忘れてしまった方は、ステップ①自分が寄付できる上限額を調べるに戻って再確認してくださいね。

それでは早速楽天ふるさと納税サイトにアクセスし、返礼品を探してみましょう!

【個人的オススメ】返礼品を探すときの流れ

20万種類を超える返礼品を選ぶのは意外と難しく、特に優柔不断な方からすればどれも魅力的に感じるものです。
ということで、ここでは返礼品を探すときのオススメの流れをご紹介します。

  1. どんな返礼品があるのか知るために「人気ランキング」から検索
  2. 欲しいものが決まれば「ジャンルから探す」
  3. 限度額が余ったら「金額から探す」
どんな返礼品があるか知るために「人気ランキング」から検索

まずはどんな返礼品があるか知るために人気ランキングから検索します。
やはり上位はお肉・魚介類・お米などの「食品」が多いですが、ティッシュやトイレットペーパーなどの「日用品」、食器や包丁などの「キッチン用品」にも魅力的な商品がたくさんあります。
せっかくの機会なので、いつもは購入しないようなものを選んでみるのも楽しいかもしれませんね。

欲しいものが決まれば「ジャンルから探す」

人気ランキングで気になる商品や欲しいものが見つかれば、ジャンルから探すで類似商品を探しましょう。
実は同じ商品でも、自治体によって金額や量は様々です。

例えば「いくら」を注文する場合、一人暮らしの方が2kgのいくらを注文しても食べ切る前に腐ってしまうかもしれませんし、4人家族の方にとって500gのいくらでは足りないかもしれません。

ご自身の生活スタイルに応じて、金額と量を選ぶようにしましょう。

限度額が余ったら「金額から探す」

数千円単位の端数が発生した場合は、金額から探すを活用しましょう。
人気ランキングやジャンルで検索すると、1万円単位の商品がズラッと並んでいますよね。
これでは3000円や5000円の商品を検索するのが難しいので、金額を指定して探すことをオススメします。

何度も言いますが、限度額を超えてしまうのはご法度です。
少し限度額に余裕を持ったままでもいいので、次のステップに進んでしまいましょう。

ステップ④ふるさと納税を注文する(寄付を申し込む)

欲しい返礼品を見つけたら、「寄付を申込む」ボタンをクリックします。

出典:楽天市場
 住所を入力する際は、住民票に記載されている住所を入力してください。
※現住所と住民票住所が異なる場合、住民票住所を入力しないと税金の控除申請ができないので注意!!

買い物かご」から「ご購入手続き」ボタンをクリックします。

出典:楽天市場

注文する内容に問題なければ「注文を確定する」ボタンをクリックし、注文を確定させます。

出典:楽天市場

これでふるさと納税の寄付申込みは完了です。

数日以内に登録したメールアドレスに受付完了のメールが届きますので、ご確認ください。

ステップ⑤お礼の品(返礼品)を受け取る

注文が完了すると、お礼の品(返礼品)が送られてきます。
あくまで「寄付」という形なので、お礼の品が届くまでの期間は様々(1週間~数カ月)です。
気になる方は、寄付をした自治体のページ楽天市場のレビューから確認してみてください。

ステップ⑥寄付金の受領書を受け取る

ふるさと納税ではお礼の品だけでなく、寄付金の受領書というものが届きます。
お礼の品と一緒に届くこともありますが、多くの場合、お礼の品と別で届くことが多いようです。

こちらは税金の控除申告を忘れてしまった場合に必要になるので、必ず保管しておくようにしてくださいね。

これで最後!ステップ⑦税金の控除を受ける

最後に税金の控除を受けるための手続きを行います。
この手続きには「ワンストップ特例制度」「確定申告」という2つの方法があります。

簡単にお伝えすると、2つの条件の両方にあてはまる方は「ワンストップ特例制度」がオススメです。

  • 確定申告をする必要が無い方
  • 1年間(1月1日~12月31日)で寄付した先が5自治体以下の方
ワンストップ特例制度とは?
ワンストップ特例制度とは、確定申告をしないでふるさと納税による税金の控除を受けることができる制度です。いくつかの条件はありますが基本的にデメリットはありませんので、ぜひ活用しましょう!
ワンステップ特例制度や確定申告の詳しいやり方については、楽天市場の「税金控除の手続きガイド」をご覧ください。

【まとめ】楽天ふるさと納税を活用しましょう!

今回は楽天ふるさと納税のやり方を解説しましたが、いかがでしたでしょうか。
楽天ふるさと納税の魅力は、使い慣れた楽天市場と同じ感覚で寄付ができることです。

ぜひふるさと納税を活用して、上手に節税をしていきましょう!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。
それではまた!