既に日本国内においても、再生可能エネルギーの取引システムや、精密医療や患者ケアのデータ管理の研究にIOSTが利用されており、今後さらなる活躍が期待できます。