【5分でわかる仮想通貨】イーサリアム(ETH)がついに40万円突破!今後どうなる?

困ったちゃん
困ったちゃん
イーサリアムの価格が40万円突破したそうですね!
今回はイーサリアムの将来性について考えてみましょう!
いえすまん
いえすまん

こんにちは、仮想通貨5年目ブロガーのいえすまん(@yesmanblog)です。

2021年5月10日、イーサリアム(ETH)の価格は40万円を突破しました。

イーサリアムは3月31日に初めて20万円台になり、
その後もとんでもない勢いで価格上昇を続けています。

イーサリアムの勢いは、あのJPモルガンの時価総額に迫るほどです。

今回は、イーサリアムが価格上昇を続ける理由と今後の将来性について、仮想通貨5年目のわたしが徹底解説していきたいと思います!

ぜひ最後までご覧くださいね。

  • イーサリアム(ETH)は、新しいインフラとして期待される仮想通貨
  • イーサリアム(ETH)の価格上昇には、機関投資家が関わっている
  • 大手企業が続々と参入!
  • 「EIP-1559」と「イーサリアム2.0」の実装が、今後のカギになる
それでは早速みていきましょう!
いえすまん
いえすまん

【はじめに】イーサリアム(ETH)についておさらい!

イーサリアム(ETH)の基本情報(2021年5月時点)
通貨名イーサリアム(Ethereum)
シンボルETH
現在の価格44万円
時価総額51兆円(時価総額ランキング2位)
ETHが購入できるオススメ取引所コインチェック(Coincheck)
ビットフライヤー(bitFlyer)
バイナンス(Binance)
公式HPhttps://ethereum.org/ja/
公式Twitterhttps://twitter.com/ethdotorg

まずは簡単におさらい。

イーサリアム(Ethereum)は、2021年5月現在時価総額2位の仮想通貨です。

ビットコインに次ぐ人気を誇り、国内外でも活発に取引されています。

イーサリアムの時価総額はついに50兆円を超え、ウォルマートやジョンソンエンドジョンソンの時価総額を抜き去りました。

イーサリアム(ETH)の3つの特徴をご紹介!

ここでは、イーサリアム(ETH)の特徴を3つご紹介します。

  • スマートコントラクトを使用した様々な機能
  • DeFi(分散型金融)の拡大
  • 発行上限や半減期が存在しない

特徴①:スマートコントラクトを使用した様々な機能

イーサリアムの最大の特徴といえるのが、スマートコントラクトです。

実は「イーサリアム」とは仮想通貨そのものを指す言葉ではなく、分散型のアプリケーション(DApps)全体のことを指しています。

DAppsとは、decentralized applicationsの略称です。

取引における、ビットコインとイーサリアムの違い

ビットコインの主な用途は「通貨」としての機能です。

そのため、「いつ、誰が誰に、どれだけ支払った」という基本的な取引情報がブロックチェーン上に登録されています。

一方、イーサリアムはそういった基本情報だけでなく、様々なアプリケーションプログラムを記録できます。

このアプリケーションとしての機能が、スマートコントラクトと呼ばれます。

このスマートコントラクトはあらゆる事業に活用できるため、非常に拡張性のあるシステムとして期待されているんです。

特に株や債券、不動産などの金融分野で、コストや時間を削減できる技術として注目されていますね。
いえすまん
いえすまん

イーサリアム(ETH)は、新しいインフラとして期待されている!

つまり、イーサリアムは様々なアプリケーションの開発や実行に活用でき、新しいインフラとして期待されています。

このプラットフォーム上で使用される共通の通貨が、いわゆるイーサ(ETH)です。

開発プラットフォームを基軸とした通貨というのが、イーサリアム独自の大きな特徴ということになりますね!

特徴②:DeFi(分散型金融)の拡大

DeFiは分散型金融と呼ばれるスマートコントラクトの利用例の一種で、2020年に急成長を遂げました。

DeFiの特徴は、仲介者を入れずに当事者同士で金融商品を取引することができること。

イーサリアムとの相性も非常によく、最近では「イールドファーミング」や「流動性マイニング」が投資家の間で利用されています。

特徴③:発行上限や半減期が存在しない

ビットコインをはじめとした仮想通貨のほとんどは、発行上限と半減期が設定されています。

「発行上限」や「半減期」とは、通貨の希少価値を上げる仕組みです。
いえすまん
いえすまん

一方で、イーサリアムには発行上限や半減期はありません。

そのためイーサリアムは価格がぶれにくく、今後も安定して供給されることが予想されています。

ちなみにイーサリアムの開発者ヴィタリック・ブテリン氏によると、イーサリアムに発行上限を付けなかった理由は「特にない」んだそうで。笑

今後の仮想通貨業界の動きによっては、新たに発行上限や半減期が設定されるかもしれませんね。

イーサリアム(ETH)の価格が急上昇している理由は?

イーサリアムが3000ドルを超えたのは、わずか1週間前のこと。

ビットコインは年初から2倍に、イーサリアムは4倍になりました。

これからも成長が予想されるイーサリアム(ETH)ですが、それほどの価格上昇を見せる理由は3つあります。

  • 機関投資家からの注目
  • 大手金融機関への普及
  • イーサリアムネットワークの大規模アップグレード

理由①:機関投資家からの注目度が高まっている

金融メディアのコインシェアーズによると、4月末に機関投資家がイーサを3000万ドル以上購入したことがわかっています。

機関投資家たちだけでも、現在139億ドル分のイーサリアム(ETH)を保有していると言われるほど。

現在アメリカで申請されている仮想通貨ETFが承認されれば、より多くの機関投資家がイーサリアム(ETH)を購入するでしょうね。

理由②:大手金融機関への普及

上記に続き、普及面でも大きな進展がありました。

5月には欧州投資銀行やゴールドマン・サックスなどの大手銀行が、1億ドル超の債券を発行することを発表しています。

この発表の裏にはイーサリアムが関わるDeFi(分散型金融)の成長があり、今後も金融機関への普及が進んでいくことが予想されています。

理由③:ネットワークの大規模アップグレード

ここまで「機関投資家」と「大手金融機関」を価格上昇の理由に挙げました。

しかし、イーサリアムの価格上昇に最大の影響を与えたのが、イーサリアムネットワークの大規模なインフラアップグレードです。

「EIP-1559」と「イーサリアム2.0」の導入により、より高い技術が実装される予定です。

2021年7月導入予定の「EIP-1559」

2021年3月5日、イーサリアム(ETH)の開発者たちは、イーサリアムの手数料に関する改善案「EIP-1559」を7月予定の「ロンドン(London)」アップグレードで実装することを発表しました。

「EIP-1559」ではイーサリアムの料金体系の見直しが行われ、手数料やコストが大幅に削減される予定です。

これにより、さらにユーザーに優しい取引が可能になると言われています。

2020年12月に始まったイーサリアム2.0(ETH2.0)

イーサリアム2.0(ETH2.0)は、イーサの技術力向上に向けた長期的な計画。

2020年12月に始まったPhase0から2年以上かけて完成する予定です。

  • Phase 0(2020年12月)
    ここでは大量のデータをビーコンチェインで交通整理して処理することが目標。Phase1の準備を行います。
  • Phase 1(2021年)
    ここではまず64個のシャードを実装。64個のシャードを使っても大量のトランザクションを問題なく処理できるかをテストします。
    ※シャードとはブロックチェーンの安全性を高めるための技術のこと。
  • Phase 1.5(2021年)
    ここで既存のETH1.0と新しいETH2.0を統合します。
  • Phase 2(2021年)
    ここからはより多くのシャードを追加します。

イーサリアム(ETH)の将来性は?今後どうなる?

 

ここまでイーサリアムの特徴と価格上昇理由を解説してきました。

まとめると、今後は以下のようなことが起きる可能性が高いです。

イーサリアム(ETH)に投資するかどうかの判断材料として、ご活用くださいね!

  1. 仮想通貨ETFの上場可能性が高い
  2. 大手企業が続々と参入してくる
  3. 2つのインフラアップデート:「EIP-1559」と「イーサリアム2.0」
  4. スマートコントラクトの活用

イーサリアムの価格は1万ドル(約110万円)まで上昇する?

イーサリアムの価格は2021年5月現在、4000ドル(約40万円)。

ウォール街の投資調査会社ファンドストラット社は「イーサリアムは2021年に1万ドルまで上昇する可能性がある」と予測しています。

これはあくまで予想の一つですが、長期的な価格上昇は十分にありえるでしょうね。

イーサリアム(ETH)は長期投資向けの比較的安定した通貨

ということで、イーサリアム(ETH)は開発も活発で、仮想通貨のなかでも比較的安定しています。

超短期的な利益は狙いにくいとはいえ、長期的な目線で購入するのは大いにありかと思います。

いえすまんも現在ビットコインとイーサリアムのつみたて投資を行っています!
いえすまん
いえすまん

【おすすめ取引所3選】イーサリアム(ETH)を購入するならココ!

続いて、イーサリアムのおすすめ取引所3選をご紹介します。

おすすめする基準は、手数料の安さ、信頼性、アプリの使いやすさなど。

今回紹介する3つの取引所から選んでおけば、まず間違いないでしょう。

  1. コインチェック(Coincheck)
  2. ビットフライヤー(bitFlyer)
  3. バイナンス(Binance)

おすすめ①:コインチェック(Coincheck)

  • 日本屈指のセキュリティで、仮想通貨の種類も国内No.1!
  • 取引手数料、入金手数料はもちろん無料!
  • スマホアプリの圧倒的な使いやすさ!

コインチェックは、日本最大級の取引所。

金融庁からの認可も受け、日本屈指のセキュリティを誇る取引所として有名です。

取引手数料・入金手数料はもちろん無料です。

コインチェックが取り扱う仮想通貨は、全15種類。
日本国内最大規模の取扱通貨数となっています。

スマホアプリの圧倒的な使いやすさ

またコインチェックは、スマホアプリの使いやすさが特に評判です。

スマホアプリのダウンロード数は累計320万回を突破しています。

コインチェックは低コストで使いやすく、仮想通貨初心者に特におすすめの取引所です!

おすすめ②:ビットフライヤー(bitFlyer)

  • 高機能な取引ツール「bitFlyer Lightning」
  • 取引手数料、入金手数料はもちろん無料
  • 世界的にもセキュリティ評価が高い

2つ目のおすすめ取引所はビットフライヤー(bitFlyer)

こちらは、先述したコインチェックに並んで国内最大規模の取引所となります。

キャッチーな音楽のCMでも有名ですね。
いえすまん
いえすまん

高機能な取引ツール「bitFlyer Lightning」

ビットフライヤーの特徴の一つが、高機能な取引ツール。
その名も「bitFlyer Lightning」です。

⇩こちらが実際の画面

「bitFlyer Lightning」では高機能な取引ツールが利用でき、
プロさながらの取引を楽しむことが可能です。

また、ビットコインFXにも対応しているので、これから様々な取引に挑戦したい方におすすめの取引所といえますね!

いえすまん
いえすまん
取引手数料・入金手数料はコインチェックと同じく無料です。

世界的に評価されているセキュリティの高さ

ビットフライヤーは、セキュリティの高さにも定評があります。

過去にセキュリティ事故を起こしたことはなく、顧客優先の強固なセキュリティ確保に力を入れています。

とある調査では、世界140か国の取引所でNo.1のセキュリティという評価を受けたほどです。

おすすめ③:バイナンス(BINANCE)

  • 世界最大の取引量。取り扱い通貨はなんと260種類!
  • バイナンスコイン(BNB)という独自の仮想通貨を発行!
  • PCアプリもスマホアプリも使いやすい!

バイナンス(BINANCE)は、世界最大の取引量を誇る取引所。

なんと260種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

ちなみに、わたしがメインで使っている取引所もバイナンスです。

独自の仮想通貨、バイナンスコイン(BNB)

入金手数料はもちろん無料。

バイナンス独自の通貨「バイナンスコイン(BNB)」を活用すれば、他とは比べものにならないほどの低コストで取引できます。

PCアプリ、スマホアプリはシンプルで初心者向け

先述したコインチェックと同様、バイナンスのアプリもシンプルで、初心者にやさしい作りです。

指紋・パターン認証にも対応しているため、セキュリティ面でも安心!
3つの取引所をまとめると・・・
コインチェック(Coincheck)初心者向け。初めての口座開設におすすめ
ビットフライヤー(bitFlyer)初心者・中級者向け。取引の幅を広げたい方におすすめ
バイナンス(Binance)中級者向け。世界中のアルトコインに触れたい方におすすめ