【草コイン】消えていった仮想通貨のまとめサイトを見つけました!【Dead Coins】

今回は、消えていった草コインたちのまとめサイト「Dead Coins」の紹介記事です。

2021年現在、世の中の仮想通貨は3000種類を超えました。

ビットコインやイーサリアムなどの有名なコインが価格を伸ばし続ける一方、これまで無数の草コインが姿を消しています。

姿を消した仮想通貨はなんと、1000種類を超えるほど。

そんな、消えていった草コインたちをまとめたサイトが「Dead Coins」です。

【草コインの墓場】「Dead Coins」とは?

多くのアルトコインが登場し続けるなか、その裏では1000種類を超えるアルトコインが世の中から消えていきました。

草コインとは、仮想通貨の中でも時価総額が少なく、知名度が低いアルトコインのこと。

ユーザーが少なく流通量の少ない草コインは、値動きの幅も大きく、ギャンブル性が高くなります。

今回紹介するデータベースサイト「Dead Coins」は、直訳すると「死んだ仮想通貨たち」。

つまりこれまでに姿を消したアルトコインを集めたまとめサイトなのです。

仮想通貨マニアには、たまらないサイト

Dead Coins」に掲載されている草コインは、自然消滅・詐欺やマルウェア・パロディコインなど。

有志での投稿がメインのため、多種多様な仮想通貨が載っています。

2021年4月時点での掲載コイン数は「1641種類」でした。

「Dead Coins」で、消えた仮想通貨を探してみよう!

みなさんが過去に購入した仮想通貨は、まだ存在していますか?

もしかしたら、既に消えてしまった草コインもあるかもしれません。

買ったはずの草コインが見つからないときは、ぜひ「Dead Coins」で検索してみてくださいね