【5分でわかる仮想通貨】51%攻撃とは?ビットコインが解決すべき問題の一つです。【基礎知識】

【仮想通貨の基礎知識】51%攻撃とは?

『51% 攻撃』とは、悪意のあるグループまたは個人が、ブロックチェーンにおける採掘速度の 51%(50% 以上)を意図的に支配し、不正な取引を行うこと。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、ブロックチェーンを活用した非中央集権的な存在です。

ブロックチェーン取引における承認作業には「PoW」という多数決方式が採用されているのですが、この非中央集権の仕組みにはいくつか問題があるといわれています。

非中央集権における『51%攻撃』の問題点

「PoW」という多数決方式で承認作業を行う場合、それが不正な取引だったとしても、51%(過半数)の人が正しいと認めてしまえば正しい取引として承認されてしまいます。

これを意図的に行うのが51%攻撃です。

あるマイニング参加者(ノード)が全体の過半数を支配してしまうことで、

  1. 不正な取引の正当化
  2. 正当な取引の拒否
  3. マイニングの独占

を意図的に行うことが可能となります。

つまりブロックチェーンを操作できてしまうということです。
いえすまん
いえすまん

『51%攻撃』にはメリットがない

現時点で51% 攻撃に対する有効な対策はありませんが、51%攻撃自体にもメリットがほとんどありません。

攻撃者が仮に 51% 攻撃を行ったとしてもコストを上回る利益がないため、参加者が 51% 攻撃を行うことはないだろうと考えられていました。

攻撃することで仮想通貨の価値が下がり、自分にもダメージがある

51% 攻撃が実際に起きると仮想通貨の信頼性が下がり、仮想通貨自体の価値も下がってしまいます。

さらに、全体の51%というマイニング速度をキープする手段は非常にコストが高く、51%攻撃はあくまで「起こる可能性があること」として捉えられていました。

攻撃者が仮想通貨を不正に入手したとしても、不正入手した仮想通貨の価値を自ら下げてしまうのです。

2013年に発生しかけた『51%攻撃』の実例

現実には起きないだろうといわれていた『51%攻撃』ですが、2013年には発生の直前まで至りました。

2013 年 12 月、ビットコインのマイニングプールである「Ghash.io」の採掘速度が 50% を超えそうになり、 51% 攻撃が世間に注目されることとなりました。

この注目により、ビットコインの価格は当時大きく下落しています。
いえすまん
いえすまん

新しい承認方式「PoS(プルーフ オブ ステイク)」の台頭

これらの問題を受け、現在は「PoS(プルーフ オブ ステイク)」という承認方式が採用されつつあります。

「PoW」を採用する仮想通貨ビットコイン、モナコインなど
「PoS」を採用する仮想通貨イーサリアム、ADAなど

今後も、過疎通貨の取引量は増加していくことが予想されます。

資産総額No.2のイーサリアムも、2020年12月に「PoW」から「PoS」への移行を実行しています。

これからも市場の流れに合わせて、ビットコインなど「PoW」を採用している通貨が「PoS」に移行していくことが大いに考えられますね!