手取り22万のサラリーマンが、投資に回せる毎月の金額を本気で考えてみた

こんにちは!イエスマンです。わたしは社会人4年目、手取り22万円のサラリーマンをしています。

「投資」や「資産運用」について、社会人なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
年金が将来どれくらいもらえるのか分からない、個人が資産運用する時代だといわれている中で、例にもれず「投資をしないといけない」という思いだけがずっと空回りしていました。

そこで今回は毎月の生活にかかっている固定費や変動費の計算をおこない、手取り22万のサラリーマンが投資に回せる金額を本気で考えてみたいと思います。

みなさんも毎月どれくらいのお金を使っているのか、わたしと一緒に計算してみましょう!
さぁ、メモと電卓の用意はできましたか?

手取り22万のサラリーマンが毎月の固定費を計算してみた

まずは、毎月の固定費を計算するところから始めましょう。

固定費とは、毎月必ず決まった額で財布から出ていくお金のことです。

代表的なものとして、以下が挙げられます。

固定費の例)家賃、ローン返済費、水道光熱費、通信費、保険料、駐車場代など


私は一人暮らしをしていて、トレーニングジムにも通っています。
なので固定費は、下記のようになりますね。

  • 家賃:65,000円
  • 電気ガス水道:6,000円
  • 携帯料金:2,000円
  • ジムの月額料金:6,600円

 合計:79,600円

 

改めて計算してみたら、毎月ただ生きるだけでも8万円近くかかっているわけです。
やはり一人暮らしはお金がかかります。実家に戻ろうかしら。。
ちなみに支出を抑えるには、固定費を見直すのがわかりやすくて効果的だといわれることが多いです。
このはなしは後半でもう一度触れるので、しばらくお待ちください。

さて今回は、わかりやすく「固定費:8万円」としておきましょう。

イエスマンの固定費は8万円!!

手取り22万のサラリーマンが毎月の変動費を計算してみた

さて、つづいて変動費の計算をしていきます。

イエスマン
イエスマン

変動費とは毎月決まった額ではないものの、必ず使っているお金のことです。

代表的なものとして以下が挙げられます。

変動費の例)食費、日用雑貨費、被服費、娯楽費、交際費、理美容費、冠婚葬祭費など

変動費は細かく計算しても毎月変わってしまうものです。
ある程度ザックリでいいので、多めに見積もって計算しておくのがベターです。
それでは、順番に計算していきましょう!

イエスマンは以下の順に考えます。
「食費」⇒「交際費」⇒「雑費」⇒「被服費」⇒「娯楽費」

【食費】平日と休日に分けて考える

食費はもっとも変動しやすいので、だいたいでOKです。
平日はお昼のお弁当や仕事の合間で軽食をとることが多いので、1日1,300円くらいでしょうか。
休日はすべて自炊ですませることが多いので、少し安めの1,000円。

1か月は基本的に平日が20日、休日が10日です。なので以下の計算で求めることができます。

「平日1日あたりの食費」 ✖ 「20日」 =「平日の食費」
「休日1日あたりの食費」 ✖ 「10日」 = 「休日の食費」
「平日の食費」 + 「休日の食費」 = 「1か月の食費」
 1,300円 × 20日 = 26,000円
 1,000円 × 10日 = 10,000円

 食費:36,000円

 

【交際費】飲み会や友達とのお出かけなど

イエスマンは飲み会やお出かけなど、
だいたい1回6,000~7,000円のイベントが月に3回あるイメージです。

「イベント1回当たりの金額」 ✖ 「1月の回数」 = 「交際費」
 6,000~7,000円 × 3回 = 約20,000円

 交際費:20,000円

【雑費】日用品やヘアカット代などはまとめて計算

続いては雑費。どこにお金をかけているかで大きく違いがでるのが雑費です。
イエスマンの場合、美容には女性ほどお金がかかっていないでしょう。
ヘアスタイルや美容にお金をかけている場合は「理美容費」として別枠を用意してもいいかもしれないですね。

「日用品」 + 「ヘアカット代」 = 「雑費」
 3,000円 + 2,000円 = 5,000円

 雑費:5,000円

【被服費】ファッションにかけているお金

続いてファッションにかけているお金、被服費の計算です。
イエスマンの場合、服はすべてユニクロなのであまりお金はかからない印象です。

 被服費:10,000円

【娯楽費】趣味にかけているお金

続いて娯楽費を計算します。いわゆる趣味への投資です。
イエスマンの趣味は読書なので、本の購入に月10,000円ほどかかります。
みなさんも趣味にかけているお金を計算してみてください。

 娯楽費:10,000円

変動費の合計は・・・?

それでは最後に、ここまで数えたすべての要素を足し合わせてみましょう!

  • 食費:40,000円(1日当たり約1,300円の出費)
  • 交際費:20,000円(6,000円~7,000円のイベントが計3回)
  • 雑費:5,000円(日用品や、美容グッズなど)
  • 被服費:10,000円(ワイシャツや私服)
  • 娯楽費:10,000円(趣味にかけているお金)

 合計:85,000円

おおまかな計算とはいえ変動費もなかなかの出費なんですね。。

 

手取り22万のサラリーマンが毎月投資に回せる金額は?

それでは、イエスマンが毎月投資に回せる金額はいくらなのでしょう?

「手取り」‐「固定費」- 「変動費」 =「残ったお金」

 イエスマンの場合、22万 ‐ 8万 ‐ 8.5万 = 5.5万円!!

イエスマンが投資に回すことができる金額は「5.5万円」でした。
ここから、「貯金に回すお金」と「株式投資や投資信託に回すお金」に分けて考えていく必要があるんですね。
まだまだ考えることはたくさんありそうです!

【次回】手取り22万のサラリーマンが毎月の出費について本気で考えてみた

今回の記事では、手取り22万のサラリーマンが投資に回せる金額を本気で考えてみました。
ですが、イエスマンは本当に毎月「5.5万円」しか投資に回せないのでしょうか?
計算する中で、毎月使っているお金の中には無駄なものがあるんじゃないか、と気になってきました。

ということで、次回の記事では毎月の出費について本気で考えてみようと思います。
「固定費」や「変動費」の2つに分けて、本当に投資に回せる金額を考えます!

また、Twitterではブログの更新情報や役に立つコンテンツを毎日5回以上ツイートしています!
よければTwitterのイエスマンものぞいてみてくださいね。

それでは本日の記事は以上です。
今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。