【700万円突破】20代後半サラリーマンのリアルな貯金額を公開します!【2021年4月】

4月末時点での貯金額が、700万円を突破しました!
いえすまん
いえすまん
  • 20代後半サラリーマンのリアルな貯金額が知れる!
  • 20代後半サラリーマンのこれまでの貯金額の推移が知れる!
  • 「お金の勉強」をするためのおすすめ本が分かる!

こんにちは、26歳サラリーマンのいえすまん(@yesmanblog)です。
2021年4月も家計簿を締めたので、リアルな貯金額を公開していこうと思います。

図や表をふんだんに盛り込んでいるので、サラっと飽きずに読めちゃいます!

また記事の後半では、投資初心者向けのおすすめ本も「3冊」厳選して紹介しました。

ぜひ最後までご覧くださいね!

いえすまんって何者?収入は?

まずはじめに、いえすまんがどんな人間なのか簡単に紹介します。

いえすまんはこんな人

いえすまんの基本情報は、こんな感じ⇩

  • 26才男性
  • 独身
  • 外資系企業勤務のサラリーマン(新卒5年目)
  • 家賃6.5万円のマンションで一人暮らし
  • 2020年9月以降、副業に挑戦中
・Twitter(現在フォロワー950名)
・資産運用ブログ(2020年9月スタート)
・stand.fmというラジオアプリで音声配信(2021年1月スタート)
・YouTube(New!)

いえすまんの4月の収入は?

4月の収入は、以下の通り。

  • サラリーマン収入:190,732円
  • 副業収入:1,310円

収入の合計は、192,042円でした!

ほとんどがサラリーマン収入、副業収入はほんの少し

上記の通り、収入源の9割以上はサラリーマン収入。
残業時間の多さに左右されますが、手取りで20万円前後です。

そして、副業収入は千円~数千円。まだまだ雀の涙ですね、、

いえすまんの収入源(1カ月当たり)
サラリーマン収入手取り約20万円
副業収入千円~数千円

いえすまんの4月の支出は?

続いて、いえすまんの支出について。

4月の固定と変動費は⇩

  • 固定費:81,140円
  • 変動費:64,198円

支出の合計は、145,338円でした!

毎月の固定費は81,140円

合計81,140円
毎月の固定費
家賃65,300円
ジム6,700円
通信費0円
駐輪場300円
水道光熱費4,000円
Amazonプライム410円
Kindle Unlimited(電子書籍読み放題)980円
楽天マガジン170円
オンラインサロン「Podcast Labo」3,280円

通信費がゼロ円なのは『楽天モバイル』の特典。

契約から1年間は無料なので、ホント助かってます。

固定費は、把握しておくべき

お金を貯めるためのスタート地点が、「固定費を把握する」こと。

固定費を把握すると、毎月使えるお金がどの程度なのか分かります。

固定費は一度計算してしまえば、当分変化しないもの。パパっと確認しちゃいましょう!

4月の変動費は64,198円

4月の変動費は、64,198円。

変動費をラクに管理するコツは、1枚のクレジットカードで全て支払うこと。

支払い履歴を見るだけで、毎月の変動費もすぐわかります。

スーパーやコンビニの買い物、Amazonや楽天での通販も、全て1枚のクレジットカードで支払っています。

4月の収支は?

まとめると、4月の収支はこんな感じ⇩

4月の収支
収入+192,042円
支出(固定費+変動費)-145,338円
収支+46,704円

ここまでが、稼いだお金と使ったお金のおはなしでした。

続いて、株や投資信託、仮想通貨といった資産運用の成績をご紹介していきます!

4月のリアルな貯金額を公開します!

わたしは2020年8月以降、1カ月ごとにリアルな貯金額を公開しています。

2021年4月末、貯金額は「700万円」を突破しました。

ちなみに、はじめて貯金額を公開した2020年8月当時の貯金額は「320万円」でした。

貯金額700万円の内訳は?

貯金額700万円の内訳は、以下の通り⇩

2021年4月の資産内訳
現金預金2,739,615円
仮想通貨3,586,970円
投資信託640,019円
確定拠出年金59,429円
ロボアドバイザー投資180,292円
クラウドファンディング153,930円
楽天ポイント15,856円
米国株式30,225円
総計7,406,336円

円グラフにしてみると?

円グラフで見ると、それぞれのバランスが分かります。

わたしの場合、現金以外が60%以上を占めていますね。

貯金額のこれまでの変化

それでは、公開をはじめた2020年8月~2021年4月までの貯金額の変化を見てみましょう。

年月資産総額前月との比較
2020年8月3,264,936円
2020年9月3,323,640円+58,704円
2020年10月3,422,120円+98,480円
2020年11月3,543,566円+121,446円
2020年12月4,032,647円+489,081円
2021年1月4,247,246円+214,599円
2021年2月5,236,216円+988,970円
2021年3月5,724,733円+488,517円
2021年4月7,406,336円+1,681,603円

棒グラフにしてみると?

棒グラフにしてみるとこんな感じ。

ここでも、現金自体は増えていないことが分かるかと思います。

資産を700万円まで増やせたきっかけは「お金の勉強」

わたしが資産を700万円まで増やせた理由はズバリ、

「実際に投資してみることで、お金について学んだ」からです。

仮想通貨には2017年8月から投資しており、
クラウドファンディングや投資信託、米国株は2020年8月から投資をはじめました。

貯金をしている人はたくさんいますが、『お金の勉強』をしている社会人は、実はあまり多くありません。

投資はリスクが高い?

あなたは、こんな言葉を聞いたことがありませんか?

「リスクが高いものは避けて、まずはリスクの低い投資から始めるべき。」

どんな投資ならリスクが低いのでしょうか?
そもそもリスクとは何でしょうか?

ここで「貯金はリスクが低いから、貯金をし続ける!」と言い切れる方は、貯金を続けて問題ないと思っています。

問題なのは、自分で何も考えないこと

問題なのは、何も知らないこと。

自分で何も考えないことです。

「お金」について何も知らないな、と感じた方はチャンスです。

遅すぎるということはないので、ぜひ簡単なことからお金の勉強を始めてみてください。

お金の勉強のファーストステップは「読書」

お金の勉強において、一番簡単で効果が高い方法は「読書」です。

わたしもまずは本を読むことから、お金の勉強を始めました。

  1. 本を読んで、お金について勉強する
  2. 実際に小さな金額から投資してみることで、アウトプットする
  3. 上手くいかなければ、本やセミナーを使ってさらに勉強する
  4. アウトプットする(あとは繰り返し)

【厳選3冊】お金の勉強をはじめるのにオススメの本

お金の勉強をはじめるのに、遅すぎるということはありません。

今回は、これだけは絶対に読んでおくべきという本を「3冊」、厳選して紹介していきますね。

もちろん3冊とも、私自身が読んだ本の中から選びました。

①⇒②⇒③の順で読んでいくのが、個人的なおすすめ!

【1冊目】マネーという名の犬

  • 「お金の教養」をバランスよく身につけられる一冊
  • ストーリー形式だから、本が苦手な人にもおすすめ!
  • Kindle Unlimited読み放題の対象商品

1冊目に紹介するのは『マネーという名の犬』です。

35か国で翻訳され、全世界400万人に愛される本書は、お金の教養を身につける上で絶対に欠かせない「お金の入門書」。

「お金と人生の大原則」をバランスよく、一気に学び直すにはこの本が一番ですね!

サブタイトルは”12歳からの「お金」入門”ですが、むしろ大人こそ読むべき本でしょう。
ストーリー形式なので、本が苦手な人にもおすすめの一冊となります。

『マネーという名の犬』は、Kindle Unlimited読み放題の対象商品

マネーという名の犬』は、Kindle Unlimited読み放題の対象商品。

Kindle Unlimitedは、電子書籍に抵抗がない人は必ず登録しておくべきサービスです。

なんといっても、本を一冊読むだけで元が取れてしまいますからね。

「Kindle Unlimited」はAmazonの電子書籍読み放題サービス

Kindle Unlimited」は、月額980円(税込)で12万冊以上の本が読み放題。

今なら「kindle Unlimited」の初回登録から30日間は完全無料のキャンペーン中とのことです。

もし未登録の方は、ぜひ今のうちにどうぞ。

>>「Kindle Unlimited」に30日間無料で登録する!

※即解約しても30日間の無料体験は使えます。解約のペナルティもないのでご安心ください。

【2冊目】金持ち父さん貧乏父さん

  • 世界中で読まれ続けるベスト&ロングセラー
  • オリエンタルラジオの中田敦彦さんが紹介したことで話題に!
  • 自らの力で生きていくためのバイブル本

2冊目に紹介するのは『金持ち父さん貧乏父さん』。

もはや、知らない人がほとんどいないほどの名著ですね。

最近ではオリエンタルラジオの中田敦彦さんが「YouTube大学」で紹介したことでも、話題になりました。

「正直むちゃくちゃ面白かった。するする読めるし分かりやすい。
お金に関してちゃんと勉強しないってことがいかに辛く惨めな人生の始まりかということを叩きつけてくれる。」

『金持ち父さん貧乏父さん』は、自らの力で生きていくためのバイブル

「年功序列」「終身雇用」の神話が崩れ去った今、会社の中でただ働くだけという時代は終わりました。

そんな激動の時代を生き抜くためのバイブル本として読んでおくべきなのが、『金持ち父さん貧乏父さん』です。

私自身、困ったときはこの本を開きます。これまでにも数えきれないほど読み返してきました。

【3冊目】金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

  • 『金持ち父さん貧乏父さん』の続編
  • 従業員・自営業者・ビジネスオーナー・投資家という4つの生き方について解説した一冊
  • 儲かる投資家になるための考え方が身につく

最後に紹介するのは、『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』。

2冊目で紹介した『金持ち父さん貧乏父さん』の続編になります。

キャッシュフロー・クワドラントとは?

キャッシュフロー・クワドラントとは、キャッシュフロー(お金の流れ)とクワドラント(4等分)を合わせた造語のこと。

世の中で収入を得る方法は次の4つ、「E、S、B、I」のいずれかだという考え方です。

  1. E=Employee(従業員)
  2. S=Self-employed(自営業者)
  3. B=Business owner(ビジネスオーナー)
  4. I=Investor(投資家)

あなたは、どの生き方に魅力を感じますか?

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』では、どうしたら労働時間を減らして収入を増やし、経済的に自由になれるか、その方法を教えてくれます。

【まとめ】学び続けた人だけが、お金持ちになれる

今回は、2021年4月のリアルな貯金額を公開し、初心者向けのおすすめ本を3冊ご紹介しました。

お金や時間を気にせず暮らすのは、ごく一部の富裕層だけではありません。

「お金」と「時間」にゆとりを持ってより豊かな人生を送るためにも、本を読むことから「お金の勉強」をはじめませんか?