【2020年12月】毎月の貯金額・資産推移を全公開します|20代サラリーマンの家計簿

・独身20代サラリーマンのリアルな貯金額が分かる!
・独身20代サラリーマンの毎月の資産推移が分かる!
今回の記事では、20代サラリーマンのリアルな貯金額を公開します。
毎月の資産推移も公開しているので、ぜひみなさまの参考になれば嬉しいです。

貯金・資産運用の目標

まずはじめに私、いえすまんの資産目標をご紹介しましょう。
中期目標と短期目標の2つに分けて設定しています。

【中期目標】30歳までの目標は総資産1000万円

私は中期目標として、30歳までに総資産1000万円を目指しています。
短期目標だけでなく、数年後の目標=中期目標もあわせて設定することが”継続のコツ”かと思います。

【短期目標達成!】2020年の目標は総資産400万円

2020年の目標は総資産400万円に到達することでしたが、なんとか無事に達成できました。
それでは次の章で、12月の資産状況について解説します。

【2020年12月】貯金額・資産運用状況を公開

とある理由から、12月は大幅アップとなりました。
ということで2020年12月の総資産は以下の通り。

種類金額前月との比較
現金預金2,932,139円+314,500円
仮想通貨388,685円-744円
投資信託411,389円+149,572円
確定拠出年金24,000円+24,000円
ロボアドバイザー116,353円+950円
クラウドファンディング149,018円-9円
ポイント11,063円+812円
12月の総資産4,032,647円+489,081円

12月はサラリーマンの一大イベント『ボーナス』

12月の総資産を見ると、現金預金が急増していることが分かります。

そう。12月はサラリーマンの一大イベントである『ボーナス』の支給月でした。
私の会社のボーナスは給与2か月分なので、12月の給与も合わせて計3か月分の給与が支給されたということですね。

つまり、今回の急な資産増加は『ボーナス』の支給が主な理由でした。

投資信託も順調に運用中

2番目に増えている投資信託は、つみたてNISAの運用です。

私は10月からつみたてNISAを始めました。
つみたてNISAの1年間の枠は「40万円」ということで、予定通り2020年の全ての枠を使い切ることができました。

つみたてNISAは「老後2000万円問題」への対策として。

「老後2000万円問題」がニュースなどで話題になりましたよね。
これは政府からの「年金に期待せずに自分でお金を貯めておいてくださいよ」というメッセージだと言われています。

さて、つみたてNISAは選ぶ商品さえ間違えなければ、複利運用ができます。
年利3~5%で運用することで、40年後には少なくとも2,000万円以上用意できている計算になるのです。

この記事では難しい計算は避けたいので、気になる方のために複利計算シミュレーターのリンクを貼っておきますね。

>>複利計算シミュレーターはこちら

節税効果のある確定拠出年金(iDeCo)も11月からスタート

11月から確定拠出年金(通称iDeCo)も運用スタートしました。
サラリーマンの節税効果は微々たるものですが、無いよりはよっぽどマシなのです。
iDeCoはつみたてNISAに対するリスク分散として、毎月少しずつ運用していく予定です。

ちなみに、もしこれからiDeCoを始めるなら「楽天証券」か「SBI証券」が断然オススメです。

>>楽天証券のiDeCoはこちら
>>SBI証券のiDeCoはこちら

2020年の資産推移と2021年の目標

資産推移については2020年8月から記録を始め、ようやく5カ月というところ。
コツコツと記録を続けることで、現時点では順調に資産を増やすことに成功しました。

年月資産総額前月との比較
2020年83,264,936円
2020年9月3,323,640円+58,704
2020年10月3,422,120円+98,480円
2020年11月3,543,566円+121,446円
2020年12月4,032,647円+489,081円

ということで、2021年の資産目標を設定しておきます。

2021年の資産目標は550万円

2021年の資産目標は「総資産550万円」です。
そして、この数字には一応ちゃんとした計算の根拠があります。

  • 毎月の給料から7万円ずつ貯金や投資に回す→計84万円
  • 年2回のボーナスでは各30万円ずつ→計60万円
2020年12月時点での総資産が約400万円なので少しだけ足りない計算になりますが、、
まぁ細かいところは2021年の自分に託しましょう。笑

【最後に】2020年の資産運用まとめ

最後に、いえすまんの2020年をひとことであらわすと、「挑戦」の1年でした。
つみたてNISAや株式の本格的な運用開始にはじまり、私自身の心境にも様々な変化がありました。

ということで、2021年も変わらず資産状況を公開してまいりますので楽しみにお待ちください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは、また。

関連記事

こんにちは!いえすまんと申します。手取り20万円の独身20代サラリーマンで、全資産を毎月公開しています。みなさんは、20代のサラリーマンが実際どれくらいお金を貯めているのか、少し知りたくないですか?(私は気になります。笑)[…]